サテライトオフィス

Google Workspaceの為のブラウザ切替機能(Google Workspace Marketplace公開)

Google for Education Partner Premier

サテライトオフィス・ブラウザ切替機能 for Google Workspace

サテライトオフィス・ブラウザ切替機能 for Google Workspaceサテライトオフィス・ブラウザ切替機能 for Google Workspace
Google Workspace Marketplace

サテライトオフィス・
ブラウザ切替機能
for Google Workspace

ブラウザ切替機能をインストールする!
(管理者向け)無償版

お問い合わせ

※アプリケーションは、限定メンバーでの評価&事前テストが可能です!

サテライトオフィス・ブラウザ切替機能 for Google Workspaceとは、ご利用アプリケーションによって、利用するブラウザを切替える機能です。
(例:Google Workspaceを開くときはChromeで開く!また、基幹系や既存システムを開くときは、IE/Edgeで開くなどを可能にします。)
システムのURLによって、開くブラウザ(IE/Edge or Chrome)をコントロールする事が可能です。 

※アプリケーションは、限定メンバーでの評価&事前テストが可能です!

サテライトオフィス・ブラウザ切替機能 for Google Workspaceとは、ご利用アプリケーションによって、利用するブラウザを切替える機能です。
(例:Google Workspaceを開くときはChromeで開く!また、基幹系や既存システムを開くときは、IEで開くなどを可能にします。)
システムのURLによって、開くブラウザ(IE or Chrome)をコントロールする事が可能です。 

(導入社数 Microsoft 365版含む)

※サテライトオフィス・ブラウザ切替機能 for Google Workspaceは、Google Workspace Marketplaceから簡単に追加可能です。
Google App Engineで構築しています。欲しい機能がありましたら、お気軽にご連絡ください!

提供方法 
①SaaS型による無料提供!!(広告が表示される場合があります。その他制限:10ユーザーまで・一部機能制限

 →Google Workspace自体を検証中の企業様、弊社アドオンを検証中はアカウント数無制限で無料提供!(長期の場合連絡下さい)

②SaaS型による有料提供!!(100円/月/人→各種キャンペーンあり!お問合せください!

マニュアル
ブラウザ切替機能のユーザーセットアップマニュアル& 利用者マニュアル・管理者マニュアルはこちら!!
Google Workspaceに関する、サテライトオフィスのツイッターはこちら!!
サテライトオフィス・シングルサインオン

ログイン制限、組織管理・シングルサインオン機能も無償提供中

 
Google Apps Marketplace系アドオンページ一覧
 

※利用約款は、閲覧後申込ください! 利用約款はこちら ※プライバシーポリシはこちら
※ご注意:Google Workspace と同様に、AJAX(JavaScript)という技術を多用しており、ブラウザは最新バージョンを推奨!(IE6,7,8は未対応)

ブラウザ切替機能の機能ダイジェスト

  • ブラウザ切替機能ブラウザ切替機能
  • Edgeにも対応Edgeにも対応
  • ChromeからIEへ切替ChromeからIEへ切替
  • ChromeからシークレッドウィンドウChromeからシークレッドウィンドウ
  • 切替パターン切替パターン

管理者の設定により
 ・管理者がURLを設定する事で、該当URLを開いた場合は、IE/Edge→Chromeを開かせる事が可能です。
 ・管理者がURLを設定する事で、該当URLを開いた場合は、IE/Edge→Chrome(シークレッドモード)を開かせる事が可能です。
 ・管理者がURLを設定する事で、該当URLを開いた場合は、IE/Edge→FireFoxを開かせる事が可能です。
 ・(New)管理者がURLを設定する事で、該当URLを開いた場合は、FireFox→IE/Edgeを開かせる事が可能です。
 ・(New)管理者がURLを設定する事で、該当URLを開いた場合は、FireFox→Chromeを開かせる事が可能です。
 ・(New)管理者がURLを設定する事で、該当URLを開いた場合は、FireFox→Chrome(シークレッドモード)を開かせる事が可能
 ・(New)管理者がURLを設定する事で、該当URL以外をを開いた場合は、FireFox→IE/Edge/Chromeを開かせる事が可能です。
 ・管理者がURLを設定する事で、該当URLを開いた場合は、Chrome→IE/Edgeを開かせる事が可能です。
 ・管理者がURLを設定する事で、該当URLを開いた場合は、Chrome→Chrome(シークレッドモード)を開かせる事が可能。
 ・URLは、正規表現などで指定する事が可能です。(例:https://mail.goolge.com/a/*)
 ・ポータルで基幹系システムリンクを貼るとIEで開かせる事が可能です。


※今後のさらなる拡張(次フェーズ開発)
 ・Chrome → FireFox でも可能とします!

※↑スクロールしてみてください! 大画面で見たい場合はこちら

・その他、機能拡張の要望を受付けておりますので、お気軽にご要望くださいませ!→ご要望フォーム

『サテライトオフィス・ブラウザ切替 for Google Workspace』とは?

『サテライトオフィス・ブラウザ切替機能 for Google Workspace』 は、Google Workspaceを利用したい時はChromeで開く、既存システムや基幹系システムなどIEでしか動かないシステムを利用する場合は、IEで開く様にする事が可能です。通常のリンクを貼る事により、URLを判断して、開くブラウザをコントロールします。

管理者側でポリシー設定可能か?

可能です!管理者の方が一括で、ポリシー設定する事で、一元管理が可能です!しかし、クライアント側のブラウザに各メンバーがインストールする事が必要です。

管理者側で一括インストール可能か?

AD(ActiveDirectory)のグループポリシー機能を利用すると、一括インストールも可能です。

自社オリジナルなルールの設定は可能か?

有料になりますが、可能です!なるべく無償で開発しますので、お気軽にご連絡くだい。 IE→Chromeを起動する場合は、EXEまたはDLLの配布になります。各ユーザーのインストールが難しい為、インストーラーExeを作成する事をオススメします。(インストーラーExeの作成は、各企業様専用で10万円にてお受けしています。)

WindowsのIE/Chrome以外に、MacやFireFoxも可能か?

現在の所、WindowsのIE/Chromeで可能です。それ以外のOSやブラウザは今後の拡張で対応します。

※YouTube動画は音声付きです!

その他、機能拡張の要望を受付けておりますので、お気軽にご要望くださいませ!

※プライバシーポリシーはこちら

※利用約款は必ず、閲覧後申込ください!利用約款はこちら
※詳しいサテライトオフィス・ブラウザ切替機能 for Google Workspaceの利用マニュアルはこちら

サテライトオフィス・シングルサインオン

ログイン制限、組織管理・シングルサインオン機能も無償提供中

 

お問い合わせ

「サテライトオフィス・ブラウザ切替機能 for Google Workspace」についてのお問い合わせはこちらまで
※プライバシーポリシーはこちら

GoogleEnterpriseProfessional Google Apps for Business