サテライトオフィス・アルコールチェック管理サービス by AIoTクラウドサテライトオフィス・アルコールチェック管理サービス by AIoTクラウド

スマートフォンとアルコール検知器で、
運転者の酒気帯びの有無を確認。
アルコール検査結果をクラウドで管理・保管

サテライトオフィス・
アルコールチェック管理サービス
『スリーゼロ』

4月1日から始まる
アルコールチェック義務化の準備はおすみですか?
白ナンバー事業者も
アルコールチェックが義務化されました。

アルコールチェック管理サービス
『スリーゼロ』とは?

アルコールチェック管理サービスとは?

※画面はイメージです。一部変更になる場合があります。

市販のアルコール検知器の検査結果をスマートフォンで撮影。
撮影データから自動認識した検査値をクラウドで管理するサービスです。

アルコールチェック義務化とは?

令和4年 4月より 改正道路交通法施行規則が施行され、白ナンバーにおいても安全運転管理者(乗用車なら5台以上、定員11名以上の車両なら1台以上保有している事業者が対象)による運転者の運転前後のアルコールチェックが「義務化」されます。これまで対象にならなかった業種においても運転者のアルコールチェックが必須となります。

  • 2022年4月1日施行
  • ・運転前後の運転者の状態を目視等で確認することにより、運転者の酒気帯びの有無を確認すること
  • ・酒気帯びの有無について記録し、記録を一年間保存すること
  • 2022年10月1日施行
  • ・運転者の酒気帯びの有無の確認を、アルコール検知器を用いて行うこと
  • ・アルコール検知器を常時有効に保持すること

改正道路交通法施行規制の詳細は警察庁ホームページを参照ください。
警察庁ホームページを開く

アルコールチェック義務化のお悩みを
アルコールチェック管理サービス
『スリーゼロ』が解決します!

特長①
お客様がお持ちの
検知器で導入が可能

特長①お客様がお持ちの検知器で導入が可能

スマホで撮影した検査値を自動認識するので、検知器の種類が違っていてもクラウドで一元管理

特長②
酒気帯び検査の実施・
管理の効率化支援

特長②酒気帯び検査の実施・管理の効率化支援

検査状況を管理画面でリアルタイムに確認が可能。複数拠点もまとめて管理でき、検査抜け・漏れを防ぎます。

特長③
運転日誌と組み合わせた
プランをラインアップ

特長③運転日誌と組み合わせたプランをラインアップ

アルコールチェック記録と運転日誌も併せて保存。管理の手間を省きます。

ご提供アプリ

ご提供アプリ

※↑スクロールしてみてください! 大画面で見たい場合はこちら

よくあるご質問

Q使用できるアルコール検知器はどんなものがありますか?

A本サービスはBluetooth機能対応タイプ、スタンドアローンタイプどちらのアルコール検知器でもご利用できます。
対応アルコール検知器(対応機種は随時追加予定)
■スタンドアローンタイプ
・株式会社タニタ EA-100
・フィガロ技研株式会社 FALC-21
■Bluetooth対応機能対応タイプ
・中央自動車工業株式会社 SC-502
・フィガロ技研株式会社 FALC-31

Qサービス申込の最低利用者数の条件はありますか?

Aお申し込み時にご利用者(運転者)の最低契約数はございません。1名からお申込み可能です。
ただし、事業所ごとの初期導入費が必要となります。

ご利用料金(参考価格)

プラン サービス内容 サービス
利用料
アルコールチェック
測定記録
検査漏れ
簡単チェック
アルコールチェック
連動 運転日誌
シンプル - - 330円/月
(税別300円/月)
スタンダード - 550円/月
(税別500円/月)
プレミアム 990円/月
(税別900円/月)
  • ・サービス利用料は運転者1名あたりの料金です。
  • ・初期導入費 16,500円/事業所 (税別15,000円/事業所)が必要です。

主催:株式会社サテライトオフィス
https://www.sateraito.jp/

Copyright © 2022 All rights reserved by Sateraito Office.
記載されている内容は予告なしに変更することがございます。
詳しくは弊社営業担当までお問い合せください。

TOPへ