販売代理店募集

サテライトオフィス・
データバックアップ
for Arcserve UDP Cloud
Direct/Hybrid

サービス概要

Arcserve UDP Cloud Direct/Hybridとは?

「サテライトオフィス・データバックアップ for Arcserve UDP Direct/Hybrid」とは、自然災害などによるサイト障害からデータを守りシステムを継続利用するためのクラウドサービスです。「Direct」「Hybrid」の2種類からお選びいただくことが可能です。

導入メリット

  • 構築/設定作業が不要

    お客様向け環境の構築は全てArcserveで行います。そのため構築に伴うクラウドインスタンスの構築/設定作業は一切不要。技術リソースがかかりません。

  • シンプルな定額課金

    シンプルな容量課金(1年サブスクリプション)でストレージコストが非常にわかりやすいです。ご契約いただいたストレージ範囲内なら台数無制限で保護できます。DRaaSを希望される場合はシステムリソース課金が追加で発生します。

  • 導入コスト削減

    Arcserve UDP Cloud Hybridは、既にUDPソフトウェア/UDP Applianceをお持ちのお客様であれば安価にクラウドストレージ/DRサイトを導入できます。
    Arcserve UDP Cloud Directは、オンプレミス上にバックアップ環境不要で導入できるため、ランニングコストを抑えることができます。

Arcserve UDP Cloud Directとは?

Arcserve UDP Cloud Directとは?

Arcserve UDP Cloud Directは、オンプレミス環境上にバックアップ環境を持たずにバックアップデータの一時保管先、またはDRサイトとして提供するクラウドサービス。

Direct 2つのコストメリット

  • クラウドインスタンスの構築/設定作業は一切不要
    • ・サービス契約後、クラウドを利用したバックアップ運用をすぐに開始できる状態でクラウドアカウントをご提供します
    • ・インスタンス構築に関連する面倒な設定作業は一切不要。ネットワークやセキュリティも設定済なので、すぐに運用が始められます
  • ご契約いただいたストレージ範囲内なら台数無制限で保護
    • 転送量に対する課金がなく、ストレージ課金も年契約で固定なのでコスト見積もりも容易。
      契約期間中でも容量増加の追加契約ができるので契約時の容量が不足して運用を止める心配がありません
    • ・ストレージやインスタンスのメンテナンスも全てArcserveにお任せ、メンテナンス作業は一切不要です。

Arcserve UDP Cloud Direct 提供サービス

  • バックアップに必要なソフトウェアや機能を All in one でまとめて提供する、ビジネス向けのお手軽クラウドバックアップサービスです。
    • ・バックアップに必要なソフトウェアや機能を All in one でまとめて提供する、ビジネス向けのお手軽クラウドバックアップサービスです。
  • ニーズにあわせた2つのサービスをご提供
    • ・ニーズにあわせた2つのサービスをご提供

価格表

サブスクリプション契約ライセンス 月額
Storage - 1 TB(3ヶ月サブスクリプション)   ¥20,000*3ヶ月

※メーカーパンフレットPDFはこちら

年間契約ライセンス(北米西海岸リージョン) 月額
Storage - 1 TB ¥20,000
Compute - 1 vCPU & 4 GB RAM ¥7,500
追加オプション - Active Directory Server ¥25,000
追加オプション - IP Address - US ¥25,000
  • ※ すべてのサービス項目は1年サブスクリプションです。
  • ※ 価格は税抜です。

Arcserve UDP Cloud Hybridとは?

Arcserve UDP Cloud Hybridとは?

Arcserve UDP Cloud Hybridは、Arcserve UDP専用クラウドサービス。
Arcserve UDP、UDP Applianceでバックアップしたデータの二次複製先、またはDRサイトとして提供するクラウドサービス。※Office365の直接バックアップ先としても使用可能。

Cloud Hybrid 3つの利点

  • 既存運用のバックアップデータの遠隔保存
    • ・Arcserve UDP (RPS) から遠隔転送
    • ・Arcserve UDP アプライアンスから遠隔転送
  • Office3651次バックアップ
    • ・追加ライセンス不要でOffice365をクラウドへ「直接」バックアップ
  • バックアップ データの自動チェック
    • ・アシュードリカバリでバックアップ復旧ポイントの自動チェック

Arcserve UDP Cloud Hybrid提供サービス

  • BaaS:バックアップ サービス
    BaaS:バックアップ サービス
    • ・クラウド上の Arcserve UDP(RPS) にバックアップイメージを自動的にレプリケート。
    • ・コンソール経由でオリジナル/異なる場所に、ブラウザ経由でローカルPCのダウンロード。
    • ・サイト障害でもリバース レプリケーションで本番サイトにベアメタルでサイト復旧可能。
    • ・追加ライセンス不要で Office365 をクラウドへ「直接」バックアップ。
  • BaaS:Office 365 のバックアップ
    BaaS:Office 365 のバックアップ
    • ・追加ライセンス不要で Office365 をクラウドへ「直接」バックアップ
  • BaaS:構築不要で時間とコストを節約
    BaaS:構築不要で時間とコストを節約
    • ・クラウドでの構築作業不要!
    • ・UDPと操作は同じ、ブラウザでどこからでも簡単管理!
  • DRaaS:事業継続サービス
    DRaaS:事業継続サービス
    • ・災害に備え、クラウド上で事業継続可能にするため の環境構築オプション。
    • ・インスタントVM & 仮想スタンバイが可能。
    • ・インスタントVM を利用したアシュアードリカバリで復旧後の起動状態を確認
    • BaaS:既存運用のバックアップデータの遠隔保存
    • BaaS:バックアップデータの自動チェックで安心保管
    • BaaS:クラウド利用まで最短で7日
    • BaaS:シンプルな定額課金
    • BaaS:Arcserve UDP Cloud Hybrid へのレプリケート
    • BaaS:安心のセキュリティ
    • BaaS:サイト障害からの復旧
    • BaaS:ファイル/フォルダのリストア
    • DRaaS:Cloud Hybridを利用した業務継続
    • DRaaS:2種類のVPN接続方法
    • DRaaS:復旧可否の自動確認で確実な復旧体制を維持
    • DraaS:クラウド利用まで最短で12日

Cloud Hybrid のリージョン

災対要件、ご利用シーンに応じて、2つのリージョンからご選択いただけます。

  東日本リージョン 西日本リージョン
データセンターの
場所
東京都 大阪府
利用できる機能 バックアップ
データの複製
仮想スタンバイ/
インスタントVM
バックアップ
データの複製
インスタンスの
容量
1 TB ~ 120 TB 4 TB ~ 16 TB

価格表

東日本リージョン
(DraaS対応)
月額 西日本リージョン 月額
Storage-1 TB ¥16,000 Storage-4 TB
(4 TB〜、追加1 TB単位)
¥68,000
Additional
Storage-1 TB
¥16,000 Additional
Storage-1 TB
¥17,000
Compute-1
vCPU & 4 GB RAM
¥5,250    
Compute-
グローバル
IPv4 アドレス
検討中    
  • ※ すべてのサービス項目は1年サブスクリプションです。
  • ※ 価格は税抜です。
  • ※ Office 365のバックアップ以外では、一次バックアップ用に Arcserve UDP が必要です。

※↑スクロールしてみてください! 大画面で見たい場合はこちら

TOPへ